カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声
RSS

エチオピア(モカ)「グジ-ウラガ・ハロワト」(シティ)200g

華やかで明るく赤い実のニュアンス

新しい産地「グジ」より新豆入荷



エチオピアで昔から有名な生産地はイルガチェフェ地区です。

しかし、近年はジンマ地区や今回ご紹介するグジ地区なども急速に知名度を上げており当店でもご紹介して参りました。

今回は以前ご紹介したグジ地区内にある異なるエリアのコーヒーをご案内致します!


エチオピア(モカ)コーヒー



グジ地区


グジの標高は全体的に高く2,000m付近に位置します。


イルガチェフェとは近くにある為、以前はイルガチェフェ産として流通していた様ですが、現在はグジの産地も有名になってきておりグジ産として流通しています。


グジにも幾つものウォッシングステーションがあり、今回はグジ・ウラガ・ハロワトの農家が栽培したコーヒーです。



華やかで明るく赤い実のニュアンス


優良産地のイルガチェフェやジンマとは異なる新しい生産地、グジよりコーヒーが入荷致しました。


華やかで明るいCoffeeで赤い実のニュアンスです。


ピーチやアプリコットと言ったところでしょうか。果実の優しい甘味も感じます。


冷めるとレモンティーの様なニュアンスも・・・。


深いローストでは、より果実の甘味やコクが増しプルーンのようなニュアンスも感じます。


柔らかな苦味が心地良いコーヒーですので、これからの暑い季節にはアイスコーヒーなどにしても美味しくお飲み頂けます。


イルガチェフェ、ジンマ、グジとそれぞれに違う香味を持ち、エチオピアの多様性を感じる事が出来ますので、ぜひ当店初入荷となりますグジ・ウラガ・ハロワトの香味をお楽しみ下さい。


エチオピアコーヒー(モカ)


焙煎表
(現在はシティローストのみの販売となります)



皆が知ってる「モカコーヒー」、でもその産地は





コーヒーの産地として「エチオピア」と言ってもピンと来ない方もいるかも知れません。
しかし、「モカ」と言えば誰しもが聞き覚えのある名前じゃないでしょうか。


エチオピア産のコーヒーは、「モカ港」を経由して世界中に広まった事から、日本では「モカ」の愛称で親しまれています。
また、イエメン産の豆も、同様に「モカ港」から輸出された事から「モカ」の愛称で親しまれています。


実は、「エチオピア」も「イエメン」も日本では「モカ」と呼ばれているのです。
ちなみに、「モカマタリ」と言うコーヒーは「イエメン産のコーヒー」の事を指します。


きりぎりすでは、商品名を愛称の「モカ」ではなく、正式名称の「エチオピア」、「イエメン」で販売しています。

- 農園情報 -

■グジ-ウラガ・ハロワト

【生産地区】:オロミア州/グジ ゾーン/ウラガ ウォレダ/ハロワト ケベレ

【生産者】:ウラガ約1,200農家

【品種】:在来品種

【標高】:1,950-2,200m

【収穫】:各農家手作業によるセレクトピッキング

【精製】:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

【乾燥】:アフリカンベッドで12-15日間

【梱包】:グレインパック

【輸送】:リーファーコンテナ(冷蔵)




ネコポスでの発送

200g~400gまでとなります。

全国一律350円(税込385円)!





コーヒーは厚みのない平袋にお入れします。



厚手に袋にお入れしてお届け致します。



エチオピア(モカ)「グジ-ウラガ・ハロワト」(シティ)200g

価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 15ポイント~]
挽き方:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ