カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声
RSS

エチオピア(モカ)「イルガチェフェ・ウレインチニーチャ」(シティ/フレンチ)200g

とても華やかでフローラル

レモングラス、紅茶、マスカット等のニュアンス


エチオピアイルガチェフェコーヒー

イルガチェフェ

「モカ」の愛称で親しまれているエチオピア。
このエチオピア屈指の優良産地が「イルガチェフェ」です。


イルガチェフェ産のコーヒーは、高品質なコーヒーのためアメリカやヨーロッパのコーヒー市場で絶大な高評価を得ており、華やかでフルーティーな味わいはイルガチェフェならではの香味です。


イルガチェフェと言っても、フローラルで華やかな果実のニュアンスが感じられる良質なコーヒーもあれば、そうでないレベルのコーヒーもあります。


当店で販売するイルガチェフェ産のコーヒーは、どれも高品質な物ばかりですので、ぜひ様々なイルガチェフェ産のコーヒーをお楽しみ下さい。



「集落」単位の豆

エチオピアでは一般的にウォッシングステーション(精製施設)毎に商品が作られますが、今回は更に細分化した「集落単位」のコーヒーをご紹介致します。


その集落は、イルガチェフェ・ゲデブ村ウォルカ地区の中にある「ウレインチニーチャ集落」です。


ウォルカ地区にはウォッシングステーションがあり、そのステーション周辺の11のVillageと、隣接するポテンシャルの高い4つの集落があり、そのうちの一つが「ウレインチニーチャ集落」となります。


前回ご紹介した「アラメ・マゾリョ」に続く「集落指定商品」となります。


ウォルカ地区のコーヒーは、ここ数年高い品質のコーヒーを届けてくれ、集落毎に味わいの傾向が異なる個性豊かなコーヒーです。


ウレインチニーチャもとても華やかなコーヒーですので、ぜひお楽しみ下さい。



生豆になるまで(イルガチェフェ地域)

以下の写真は、エチオピアで主に行われている精製方法の一つ「ウォッシュト」についての写真ですので、ぜひご覧ください。コーヒーの生豆になるまでの過程が何となく分かって頂けるかと思います。

エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
農家の人々の手によって栽培・収穫されたチェリーはWS(ウォッシィングステーション)に持ち込まれます。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
持ち込まれたコーヒーチェリーは大きさによって選別されます。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」

エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
完熟のコーヒーチェリーから果肉を剥がし、中の種が出てきます。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
剥がした後は、水をはった発酵槽に36-72時間浸けられ、種の周りについたぬめりを取りやすくします。
水は毎日取り替えられます。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
水路にて洗浄と比重選別を施した後、木のトンボのような棒で種をゴシゴシと転がし、 ぬめりを
綺麗に取り除きます。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」

エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
アフリカンベッドで一日陰干しを行います。


エチオピア「イルガチェフェ・コチェレ」
その後、直接日光下のアフリカンベッドで乾燥します。
朝と夕方だけ日光にあて、陽射しが強い時間はジュートをかけて陰干しにしています。

乾燥後はアジスアベバにある国営のドライミル施設に運びます。

ドライミルでは、脱穀した豆から異物を取り除き、大きさの選別、比重選別、電子選別、ハンドピックを経て、生豆に仕上げます。




香味

今年のエチオピアはどれも素晴らしいコーヒーですね。


特にイルガチェフェの「集落指定商品」はクオリティーがとても高くて驚きます!


前回ご紹介致しました「アダメ・マゾリョ集落」に続き「ウレインチニーチャ集落」を入荷致しました。


その香味はとても華やかでフローラルな甘い香り。


レモングラス、紅茶、マスカットなどのニュアンスが感じられます。


深いローストではしっかりとした果実の甘味と濃縮したボディがあり、熟したブドウや赤ワインの様な深い味わいがあります。


この深煎りのボディは素晴らしいです!


ハイレベルなエチオピアの入荷が続いておりますので、この商品もお見逃しなくお楽しみ下さい。




(シティローストとフレンチローストをご用意しております)



皆が知ってる「モカコーヒー」、でもその産地は


コーヒーの産地として「エチオピア」と言ってもピンと来ない方もいるかも知れません。
しかし、「モカ」と言えば誰しもが聞き覚えのある名前じゃないでしょうか。


エチオピア産のコーヒーは、「モカ港」を経由して世界中に広まった事から、日本では「モカ」の愛称で親しまれています。
また、イエメン産の豆も、同様に「モカ港」から輸出された事から「モカ」の愛称で親しまれています。


実は、「エチオピア」も「イエメン」も日本では「モカ」と呼ばれているのです。
ちなみに、「モカマタリ」と言うコーヒーは「イエメン産のコーヒー」の事を指します。


きりぎりすで扱うコーヒーは全てスペシャルティコーヒーですので、栽培地、栽培方法から精製・流通に至るまで、トレサビリティのしっかりとした商品です。

愛称の「モカ」ではなく、「エチオピア イルガチェフェ/ウレインチニーチャ」と表記して販売しております。

- 農園情報 -

■イルガチェフェ ウレインチニーチャ

【生産地区】:南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ ウォルカ・ケベレ ウレインチニーチャ

【標高】:2,250m

【生産者】:ウレインチニーチャ集落の農家

【品種】:在来品種

【精製】:発酵槽を使用した伝統的なウォッシュト

【梱包】:グレインパック

【輸送】:リーファーコンテナ(冷蔵)




ネコポスでの発送

200g~400gまでとなります。

全国一律350円(税込385円)!





コーヒーは厚みのない平袋にお入れします。



厚手に袋にお入れしてお届け致します。



エチオピア(モカ)「イルガチェフェ・ウレインチニーチャ」(シティ/フレンチ)200g

価格:

1,500円 (税込 1,620円)

[ポイント還元 16ポイント~]
ロースト:
挽き方:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ