カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声
RSS

【新豆・コーヒー豆】エチオピア(モカ)「イルガチェフェ・ウォテ/ナチュラル」シティ/フレンチ

イルガチェフェ最高峰のナチュラル

果実の甘味に芳醇な香り




イルガチェフェは、エチオピアの中でも高品質のコーヒーを栽培する事で世界的に有名な産地です。
そのイルガチェフェでも、良質なコーヒーチェリーだけで作ったナチュラルは圧倒的な甘みが特徴で、多くのファンを獲得してきました。

当店でも多くのお客様に支持を頂いている商品の一つです。

エチオピア イルガチェフェコンガ/ウォテ
熟したチェリーをそのまま天日乾燥させるナチュラル精製。


精製により変わる香味


コーヒーはコーヒーチェリーという赤や黄色の果実の「種」を焙煎したものです。
このコーヒーチェリーから果肉を剥がし生豆にする方法を「精製」と言います。

精製は大きく分けるとウォッシュトとアンウォッシュト(ナチュラル)の2通りあります。

<ウォッシュト>
摘み取ったコーヒーチェリーを水槽に入れ、チェリー以外の混入物を取り除いた後、果肉を剥がしぬめりを取り除いてから洗浄し、乾燥させます。この後に脱穀と言い、お米でいうところのモミを剥がす作業をして初めて「生豆」になります。
それぞれの工程で異物や欠点豆の除去がされるため、豆面が綺麗なのが特徴です。

<アンウォッシュト(ナチュラル)>
摘み取ったコーヒーチェリーをそのまま天日乾燥し、その後果肉を剥がし脱穀をして「生豆」にします。
昔から行われているシンプルな工程ですが、果肉がついた状態で乾燥させるため、上手に出来ればとても素晴らしい甘みのあるコーヒーに仕上がります。しかしとても熟練した技が必要です。


同じコーヒーチェリーでも、精製の違いにより香味は大きく変わります。
今回は、イルガチェフェ ウォテで栽培された甘みが特徴のアンウォッシュト(ナチュラル)精製の豆をご紹介致します。




丁寧な手摘み作業

エチオピア「ウォテ」 良質なコーヒーを栽培するイルガチェフェにあり、とても狭いエリアの「ウォテ」でコーヒー栽培が行われています。


ウォテウォッシングステーション周辺の農家が丁寧に手で摘み取ったコーヒーチェリーは、大きさによってチェリーの選別が行われ、ウォッシングステーションに持ち込まれます。



乾燥時も欠点豆の除去

エチオピア「ウォテ」ステーションでは、しっかりと選別されたコーヒーチェリーをアフリカンベッドで20日程度乾燥させます。


乾燥中も1ベットにつき4人の作業員が手選別を施し、欠点豆の除去等を行ってます。


乾燥後は脱穀し、国営のドライミル施設に運びます。
ドライミルでは、脱穀した豆から異物を取り除き、大きさの選別→比重選別→電子選別→ハンドピックを経て、生豆に仕上げます。



特別なハンドピック

ハンドピックはベルトコンベアに乗せられ、一定の時間停止している間に、両サイドにいる工員によって選別が行われていきます。停止時間は通常2-3分ですが、本商品については特別に10分間停止させ、かつ10年のキャリアを誇るベテラン工員によってハンドピックを施しています。


今回ご紹介する「ウォテ」は特別仕様になっており、ベテラン工員が通常よりも時間を掛けてハンドピックを行うため、より高精度な欠点豆の除去を可能にし、更には品質の向上にも大きく関係しています。



圧倒的な果実の香り漂うコーヒー

エチオピア「ウォテ」 エチオピアのイルガチェフェは、高品質なコーヒーを生産する産地として世界的にも有名です。


「これがコーヒー?」と思わせるほどの芳醇な香りに、果実の甘味を感じます。


もともとフルーティなコーヒーで人気のあるエチオピアですが、ナチュラル精製(天日乾燥) をする事で、より濃縮された甘味と深いコクを楽しむことが出来ます。


ブドウやストロベリーを連想させる甘い香りです。


口に含むと果実の甘味と柔らかな酸が感じられます。


深いローストでは赤ワインを思わせるフレバーに濃縮された果実の甘味と深みのあるコクが楽しめます。




皆が知ってる「モカコーヒー」、でもその産地は


エチオピア コーヒーの産地として「エチオピア」と言ってもピンと来ない方もいるかも知れません。
しかし、「モカ」と言えば誰しもが聞き覚えのある名前じゃないでしょうか。


エチオピア産のコーヒーは、「モカ港」を経由して世界中に広まった事から、日本では「モカ」の愛称で親しまれています。
また、イエメン産の豆も、同様に「モカ港」から輸出された事から「モカ」の愛称で親しまれています。


実は、「エチオピア」も「イエメン」も日本では「モカ」と呼ばれているのです。
ちなみに、「モカマタリ」と言うコーヒーは「イエメン産のコーヒー」の事を指します。


きりぎりすでは、商品名を愛称の「モカ」ではなく、正式名称の「エチオピア」、「イエメン」で販売しています。




イルガチェフェの街。トタンの家が並んでいます。




イルガチェフェの街。何かのお店の様です。何屋さんでしょうか?




イルガチェフェの街。夕暮れ時ののどかな風景です。




街から離れ山里へ行くと、このような可愛らしい素朴な家が存在します。



- 農園情報 -

エチオピアマップ ■イルガチェフェ  ウォテ

【生産地区】:南部諸民族州ゲデオゾーンイルガチェフェ地区コンガウォテ

【生産者】:ウォテウォッシングステーション周辺の農家

【品種】:在来品種

【標高】:1,900〜2,200m

【収穫】:手作業によるセレクトピッキング

【精製】:ナチュラル

【乾燥】:アフリカンベット(棚)で天日乾燥

※当グループ(LCF)は、コンガ地区にある複数の農協、ウォッシングステーションの中でもチェリーの取扱いプロセスがしっかりとしているステーションを指定し、かつ最高品質のパーチメントにより生産されたロットを購入しています。




ネコポスでの発送

200g〜400gまでとなります。

全国一律378円!




封筒

ネコポス(200g〜400gまで)は厚手の封筒に
入れてお届け致します
豆の袋

コーヒー豆は写真の袋にお入れして、
お届け致します



【新豆・コーヒー豆】エチオピア(モカ)「イルガチェフェ・ウォテ/ナチュラル」シティ/フレンチ

価格:

790円 (税込) 1,580円 (税込)

[ポイント還元 7ポイント〜]
ロースト:
グラム:
挽き方:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫

在庫あり

価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ページトップへ