カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

コーヒー豆の保存方法

美味しくコーヒーを飲んで頂くためにKirigirisu Coffeeでは次のような保存方法をお勧めしています。


豆の保存期間

ただし条件があります
◆煎りたての「新鮮な豆」
◆酸化した古い豆ではあまり意味がありません



●なぜ冷凍保存をお勧めするのか?

コーヒー豆の保存方法にはいろいろな意見がありますが、Kirigirisu Coffeeでは次のように考えています。


まず、 コーヒーは生鮮食品 です。


コーヒーチェリー コーヒー豆(果肉を除去し中の種を乾燥させる)は焙煎し、さらに粉にし、濾して飲むため生鮮食品扱いと言われてもピンとこない方も多いと思いますが、元々は赤い実(黄色)を付ける「果実」です。


「果実」という事は生鮮食品であり空気に触れていれば酸化し、劣化します。
酸化を遅らせる方法として現状では冷凍保存が一番良いと考えます。

「え、本当?」と思う方は試してみてください!

購入したコーヒー豆を冷凍保存、常温保存に分けて飲み比べて下ださい。
最初はさほど感じませんが10日後、20日後、30日後、香味の変化に気が付くはずです。
コーヒー本来の酸ではなく酸化した酸に変わっていきます。
「コーヒー本来の酸味」と「酸化した酸味」の違いが理解できる簡単な方法の一つです。

※よく質問されますが焙煎豆の水分値は4%前後のため基本的には凍ることがなく、すぐに使用しても問題ありません。



●密閉容器で保存を!

豆の保存容器 挽き売り店での量り売りは、他の容器に移し替える事を前提として簡易的な包材の事が多いため、「缶」や「瓶」、「シップロック」のような食品用保存バックで密閉して冷凍庫に入れて下さい。密閉容器などを使用する事により、より長く鮮度を保つ事が出来ます。




●冷凍保存でもコーヒーの美味しさは減少していきます

密閉容器にコーヒー豆を入れ冷凍保存をしても、時間の経過とともにコーヒーの美味しさは減少していきます。「保存」は焙煎直後の美味しさを保つものではなく、あくまでも「保存」です。


※大量に購入するのではなく信頼のあるお店で新鮮な豆を少量ずつ購入するのが一番!
※豆の状態で購入し、飲む前に挽く事が出来ればベスト!!



くつろぎのひと時ご購入後のひと手間(「缶」や「瓶」に入れ冷凍保存する)をする事により、新鮮な状態が長く持続できますので、是非お気軽にお試し下さい。


ページトップへ